ビューカード選びで悩まれているあなたに最適なビューカードをご紹介!

海外旅行にクレジットカードを持っていくメリット
海外旅行にお出かけの際は、クレジットカードを持っていくのがおすすめ。自動的に海外旅行障害保険が付帯されたり、身分証明書の代わりになったりと、クレジットカードを持っていくと、もしものときに安心です。
紛失や盗難のリスクが減少する
海外旅行にクレジットカードを持っていくと持ち運ぶ現金が少なくなるため、盗難や紛失のリスクを大幅に軽減することができます。万が一クレジットカードを紛失したり盗難にあったりしても、クレジットカード会社に連絡を入れればカードを利用停止することができるため、現金に比べ被害は最小限に抑えることができます。
ただ、紛失・盗難時にクレジットカードの所持が1枚だけだと手持ちのお金がなくなってしまい困る可能性も。別々のカバンやお財布に分けて2枚以上のクレジットカードを準備しておくことをおすすめします。
両替の必要がない
海外旅行の際に面倒なのが、大量の日本円を現地通貨に両替すること。両替は手数料がかかるため、必然的に出費が増えてしまいます。また、少しでも安いレートで両替しようと様々な両替所を探し回ったり、現地でお金が足りなくならないように多めに両替したら余ってしまって損をした、というような経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。
旅行先でクレジットカードを利用すれば、チップや電車代に必要な最小限の現金だけあれば問題がなく、手間や時間がかかることはありません。どうしても追加の現金が必要になった場合には、クレジットカードでCD機を利用してキャッシングを行うこともできます。
また、海外での利用代金にもポイントが付与されるため、現金を使うよりも便利でおトクに海外旅行が楽しめます。
身分証明書代わりになる
欧米を中心とした海外では、クレジットカードを持っているということは一定の審査基準を通過した、社会的に信頼のおける人物であるという証明になります。ホテルのチェックイン時やレンタカーを借りる際にクレジットカードの提示を求められることも少なくありません。このときクレジットカードを所持していないと代わりに高額のデポジットを支払わなければならないこともあるため、手持ちの現金をすべてデポジットに持っていかれてしまうようなことを避けるには、クレジットカードの所持が必要不可欠です。
海外旅行傷害保険が付与される
クレジットカードには海外旅行時の傷害保険がサービスとして付帯されているものがあります。旅行時に空港などでわざわざ保険に加入しなくても一定金額の補償を受けることができるので、付帯保険がついたクレジットカードを利用すれば、事前に保険に加入する手間をはぶき、安心して海外旅行に出かけることができます。
ビューカード診断~あなたにおすすめのビューカードは?~Yes?orNo?で気軽に診断
トピックスを読む
ページの先頭へ