ビューカード選びで悩まれているあなたに最適なビューカードをご紹介!

ビューカードの安心補償
財布をどこかに落として、紛失してしまった。
という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。財布の中には、現金以外にも多くの重要なものが入っていると思います。特にクレジットカードは紛失に気付いた時に迅速に対処しないと、不正利用による高額請求につながってしまう恐れもあります。
紛失した時に焦らないよう、補償が充実したクレジットカードを選ぶことも自身を守る手段の一つといえるかもしれません。
ビューカードはSuicaのチャージ残額まで補償がついている
ビューカードを利用されている方の中には、Suicaが付いているクレジットカードにチャージし、電子マネー決済を使用している方も多くいらっしゃると思います。Suica付きビューカードを紛失した場合は、紛失カードのSuica機能を停止した時点の金額が補償され、再発行されたカードに金額が引き継がれます。ただし、使用停止措置が完了するまでに不正使用された場合は、補償対象外となってしまうため、紛失に気付いたときは速やかにカード停止の対処が必要です。
カードの裏面には必ずサインを!
紛失や盗難で万一ビューカードのクレジット機能が不正利用されてしまった場合は、紛失・盗難の申し出をした日の前日から起算して、60日前までにさかのぼり、その日以降に不正利用された分については補償されます。ただし、裏面にサインの無いカードの場合は、補償対象外となる可能性があります。手元にカードが届いたら、必ず裏面にサインをして、不測の事態に備えましょう。
国内・海外旅行の傷害保険は自動付帯
ビューカードは紛失時の補償だけでなく、国内・海外旅行傷害保険も付帯しています。国内旅行の場合、旅費(交通費・宿泊費)をビューカードで決済し、出発日時点で有効なビューカード会員であることが条件ですが、改札を入ってから出るまでが補償の対象となり、安心して旅行に出かけられるのではないでしょうか。
海外旅行の場合、出発日時点で有効なビューカード会員であれば、旅行中に事故に遭ってしまった場合も補償をしてもらえるのです。
補償面から考えてもビューカード会員であることで得られるメリットは大きいのではないでしょうか。
ビューカード診断~あなたにおすすめのビューカードは?~Yes?orNo?で気軽に診断
トピックスを読む
ページの先頭へ